2019年7月7日日曜日

『ゲキカワ✕デビル』の7巻を購入しました

ゲキカワ▼デビル (7) (ちゃおコミックス)
やぶうち 優
小学館 (2019-07-01)
売り上げランキング: 10,944

帯によると、『JS支持率ナンバー1』とのこと。こんな彼氏が途中で突然死ぬような話が女子小学生の間で人気なのか。しかも、その割には全然話題になっている気がしない。Pixivにもほとんどゲキカワ×デビルのイラストがないし(そもそも、女子小学生でPixivやってる子はあまりいないと思うけど)。

今回の話では、りりむやらいむなどの昔からの女友達が主人公のマイに新しい恋をしてもらおうと、何度かアモンと二人きりにさせようとする場面があったのだけど、なんだか余計なお世話な気もしなくはない。マイだって、完全に断ち切れてるわけではないように思うし。アモンのほうは、ちょっと気にかけてるみたいだから、アモン視点で考えると悪くないかもしれないけど。
そろそろ、りりむ自身に新しい恋が芽生える展開になっても面白い気はする。

ただ、今回の話で衝撃だったのは、やっぱり母親の登場かな。今まで全然親でてこないなと思ったら、ようやくでてきた。
ずっと母親とは会ってなくて、母親は自分のことを嫌ってると思ってるって、よくよく考えたら、『ドーリィ♪カノン』と同じだなぁ。ただ、『ゲキカワ✕デビル』のほうは両親離婚しているうえに、久々の再会でも敵対的な態度だから、そういう意味では、『ゲキカワ✕デビル』のほうがひどい母親のように描いているように見える(ドリカノのほうは、まだ心音の勘違いじゃないの? と思われるような描写だったと思うし)。
一応今回、母親はマイのことを気にかけていたから、マイがやっているジミマイのことについてもよく知っていてくれたから、マイのことを遠くで見守っていたというような描写で終わったけど、これだって、ファッション雑誌の編集長なんだからそのへん調べて知ってるぐらい言えるんじゃないかと思った。

まあ、結局は自分を認めさせて仲直りするという流れなのだろうけど、どういう展開にしてそうなるかまでは読めないので、次巻も期待したい。

2019年2月3日日曜日

多分、20年前の今日ぐらいに少女少年と出会いました

20年前、つまり1999年2月に自分は少女少年と出会いました。

当時、小学館の学年誌を買っていた自分は、いつも通り小学五年生の3月号を買って読んでいました。

確か、その雑誌で最初に最初に載っていた漫画でした。カラーで青いショートカットの女の子のイラストが描いてある新連載の漫画。漫画の一コマ目もそのキャラのドアップ顔。「うわっ!  なんだこれ~っ!?」とはじまるその漫画は、その次のコマで強い違和感を覚えました。

「くそーっ! またあいつらオレがねてる間に~っ!!」

今でこそ、「オレ」という女子のキャラはいるかもしれませんが、当時の自分は女の子の一人称が「オレ」ということに違和感を覚えました(「ボク」ならぷよぷよのアルルがいたけど)。男の子と分かっても、顔が女の子なのでしばらく「オレ」という一人称に慣れませんでした。

そのキャラが男だと分かったのはページをめくってから。話の内容からして、男なのに女としてタレントデビューするらしい。

「なにこの設定、面白そう」と思ったかどうかは覚えていませんが、面白いと思ったのは確かだったと思います。

回をすすめていって気づいたのが、少女少年の掲載後のページに書かれている過去の少女少年のコミックスの宣伝ページについて。最初はわけが分からなかったです。「始まったばかりなのにもうコミックスでてるの?」とか、「母親がどうのって書いてあるけど、3話でちょろっと出てきただけでしょ?」なんてことを思ったのですが、しばらくしてそれが過去の学年誌で連載されていた別のキャラクターが主人公の少女少年ということに気づきました。つまり、今連載しているのが3つ目だということがそこで分かりました。

普段、漫画は学年誌で読むか、友達の家でコロコロコミックを読ませてもらうかぐらいしかなかった自分ですが、この時ばかりはコミックスが欲しいと強く思いました。近所の本屋にはなく、お願いして注文してもらったのを覚えています。確か、その後も学年誌の少女少年シリーズのコミックスはすべてそこで買ったような気がします(どうでもいいことですが、その本屋の名前は「ユートピア」と言いました。やぶうち優先生の公式サイトと同じ名前ですね)。

確か、少女少年のコミックス(IとII)は注文して1週間ぐらいして店に届きました。当時は、IIは面白いけどIやIIIと比べると微妙かなと思っていたのですが、それでもやっぱり設定自体が面白いので、これはちょっと普及しなければと思い、学校に持って行ってクラスメートに貸したりしていたような気がします(若干数人から白い目で見られていたような気もします)。

1年後、少女少年IIIの連載が終了し、迷ったのがIIIのコミックスを買うかどうかということ。「いやいや、何を言っているんだ買えよ」と今なら思いますが、学年誌として読んで、それを残しておけばわざわざ買わなくていいかもなと思いました。でもやっぱり1冊にまとまったコミックスはそれはそれでほしいような気もします。そこで自分は、「もし4作目も連載されるようであれば買おう」と。そう思いました。

でも、4作目がでる可能性は低いかも。だって、IIでIIIで完結と書いてあるから。でも、もともと1作のみのつもりで続いたのだから今度だって……。そう思いながら、2000年3月になり、本屋に行って、最新の小学六年生4月号を立ち読みしました。

衝撃でした。4作目が載ってあったことではありません。主人公が最初から女装していて、しかも自らやっているという展開が衝撃でした(しかもなんだか今まで以上に可愛くなっているような……)。

というわけで無事、IIIのコミックスも購入しました。残念なことに、その時に学年誌は捨ててしまいました。バカヤローです(確か、連載時の登場人物紹介欄で、兄貴のどちらが柑一でどちらが檸檬か分かったような気がします)。

それから2年たった2002年ぐらいに少女少年のファンサイトの存在を知り、2002年11月に自分も少女少年のファンサイト(名前は「ファンページ」なんですが)を作りました。いまだに残っていますが、放置状態になってしまっています。今年こそは更新してリニューアルを! とか思ってはいるものの、どうなるかは分かりません。さすがにもう人も来ないですしね(しかも今年は去年以上に仕事が忙しくなりそう)。ただ、たまに雑談掲示板にYouTubeで少女少年GO!GO!ICHIGOのキャラのねんどろいどが作った人がいるという報告があります。せめてリンク貼ってほしいです。

(46) 宮坂杏 - YouTube

なので、今後はどうするかは分かりません。少女少年の新作の可能性は低いと思いますしね。ドリカノが連載される前も望み薄だったのですが、やぶうち優先生が少し未練があるような感じがしたので、いつかあるんじゃないかという希望は持っていました(逆に、ドリカノを連載できてもう満足しているような気もする)。

ただ、今回みたいなエッセイっぽい感じで、たまにはこのブログに少女少年について書いていこうとは思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。


書き終え気づいたけど、ドリカノ最終回になったときにも似たようなこと書いてた。しかも結構な文字数。
僕が少女少年に出会った時からの話 | yuuの少女少年FANブログ

2019年2月2日土曜日

『ゲキカワ✕デビル』の6巻を購入しました

ゲキカワデビル(6) (ちゃおコミックス)
なぜかまだアマゾンに表紙画像が無いという……。今回の表紙もカワイイというのに残念だ(15年前はよく表紙画像が無い本もあったものの、ここ数年はほとんど表紙画像がない商品見かけなかったけど、最近ちょくちょく表紙画像がない商品を見かけるようになってきた)

前巻では衝撃的な展開だったせいか、今回はいたって平穏に感じた(いじめ描写とかあったけど)。

前巻の感想では、衝撃的な内容は具体的に触れなかったけど、これだけ見た人はどういう展開を想像しただろうか。
「本当、こんな展開ありなのかと。ある意味、一番やっちゃいけない展開な気もするのだけど……。この展開のせいで、今回が最終回といわれても違和感なかった」と書いたけど、これで彼氏が死んだと分かった人はいたかな。勘の鋭い人なら分かったかもしれないけど、自分は男か女のどっちかの浮気とでも思える表現で書いたつもり(それならそんなに衝撃的でもないか。「どうせそう思わせてるだけで、気持ちは離れてないんでしょ?」って思うだけだろうし)。

というわけで今回から、高校生編。彼氏が亡くなったことはある程度吹っ切れたのか、それほど気持ちを引きずっているようには思えなかった。もちろん、忘れたわけではないので、チラホラ彼氏のことを思い出す描写もあったけど、その描写も多すぎず、新しい高校生活を迎えるにあたってバランスのいい描き方だったように思う。

高校生編になって、新しい男キャラ(アモン)も登場。お互い微妙に意識している描写もあるのだけど、恋に発展するのだろうか。前の彼氏にたいしての気持ちは無くなっているわけではないと思うので、そのへんの描写のバランスは難しそう。後は、アモンのほうが、マイの元カレは別れたのではなく亡くなったということを知ったときにどう思うかは気になるかな。

ちなみに、この新キャラのアモンのほうは靴職人志望。靴職人というと、最近は花田優一のイメージしかないですが、うまくやってほしいですね(後は、言の葉の庭を思い出します)。

このアモンだけど、前巻の予告画像を見た時は、人見知りなおとなしい男の子かなと思ったけど、ひねくれ者で他人にたいしてズケズケとものを言うようなキャラだった。少女漫画のヒーローポジションキャラっぽいといえばぽいのだけど、ロキとキャラがかぶっているような気もしなくはない。
てっきり、何か闇を抱えているようなキャラだとも思ったのだけど、そんな描写は今のところなし。靴職人を目指すきっかけみたなのが今後でてきたら印象変わるかもしれない。

2018年8月2日木曜日

『ゲキカワ✕デビル』の5巻を購入しました

ゲキカワ デビル 5 (ちゃおコミックス)
やぶうち 優
小学館 (2018-08-01)
売り上げランキング: 8,502

誰だこの美人は!?

と、表紙を見て思った自分。ゲキカワデビルはやぶうち優先生作品至上、最もかわいい表紙の漫画だと思う(異論は認める)。


というわけで、カイが意味深な言葉を言って終わった前回。予想通り、母の仕事についていって、海外にいくという話でした(過去形)。

今回最初に収録されている話は、服に書いてある文字について。変な英語が書いてある人っているよね。まあ、自分も読めないのだけど。「豚に真珠」って英語でなんていうんだ。
今回ちょっと気になったのが、『洋楽』という言葉に注釈がついていたこと。『海外の音楽』って、さすがに小学生でもそれぐらい知っていそうな気がするのだけど。それで注釈がつくなら、他にもつきそうなもんだけど。
それより、注釈があるからちょっとだけ「どこにこの言葉でたきたんだ?」と探してしまった。見つからないから次のコマを読んだら、そこに『洋楽』と書いてあった。なんでこんな位置に注釈をつけたんだ。

それと、床で寝そべってキスしてる場面があるのだけど、そこがやけにエロい。立ってキスしてもそんなにエロいと思わないけど、寝そべってるだけでかなりエロく感じる。そのまま、それ以上のことが起こってしまうのではないかと思ってしまう。

ただ、今回はそんなことがどうでもよくなるぐらい衝撃の展開。確かに、やぶうち先生のツイートでも衝撃の展開と書いてあったけど、予想のはるか上だった。


さすがに衝撃的過ぎて、具体的な内容は書かない。次巻の感想の時に書きたいと思う。本当、こんな展開ありなのかと。ある意味、一番やっちゃいけない展開な気もするのだけど……。この展開のせいで、今回が最終回といわれても違和感なかった(中学生編の終わりというのもあるだろうけど)。


なお、今回はおまけ漫画あり。『ゲキカワデビル』連載立ち上げ直前に新しく担当となった人とのやり取りについて。結構、ぶっちゃけちゃってる。多分、今は担当さんが変わったからぶっちゃけれるのかもしれない。
正直、「やっぱりそういうことだったか」という印象。やぶうち先生のブログやツイートみてたら、なんとなく新しい担当さんは気の強そうな人なんだろうなと思ってたし。
例えば、ドリカノの最終回近くでは、「目をもっと黒くするように」と言われたと書いてある。
ちゃお1月号発売!! - やぶうち優のハジさらしな日記

ゲキカワデビルの話も担当さんの意見でそうなったと書いてあったし。
打ち合わせ - やぶうち優のハジさらしな日記
あれ? よくよくこの記事見てみると、「あえて何も、なんにも考えずにのぞみました」と書いてある。おまけ漫画のほうではあたためていたネタがあったと書いてあるのだけど。
といっても、ネタを伝えたのは電話っぽい描写だったし、矛盾はしてないか。ということは、電話でネタを話して思いっきり否定されて、何の案もでずに打ち合わせにでて、「ファッション+サクセスもの」といわれたという感じなのかな。

後覚えてるのが、YouTubeに公開されているちゃおガールとの電話のやりとり。「お話のネタはどういうところから思いつきますか?」という質問に、「私自身あまり考えられないので、担当さんに決めてもらうことが多いです。」と回答。思わずちゃおガールも苦笑い。

そのせいで、ずいぶん苦労したそうです。それでも、やり遂げて面白くしてしまうのはさすがやぶうち先生といったところ(個人的には担当さんの功績とは言いたくない。「アレ私のアイディアですよねー」なんて言われたくない。参考:この動画、僕のアイディアですよね?とは (コノドウガボクノアイディアデスヨネとは) [単語記事] - ニコニコ大百科)。

それと、最後のほうには初期設定のラフ画集も。なお、連載開始当時は、ちゃおに切ない漫画が多いと感じたから、明るい攻めのヒロインにしたのだとか。
ただ、今回の巻でそんな裏話聞かされてもあまり説得力ないですけどね。多分、どのちゃおの漫画よりも今回の話は切ないだろと。
今後どういう展開になるのか全く予想できないです。

2018年4月1日日曜日

『ゲキカワ✕デビル』の4巻を購入しました

ゲキカワ デビル 4 (ちゃおコミックス)
やぶうち 優
小学館 (2018-03-30)
売り上げランキング: 7,490

3月30日発売なものの、買い忘れてて3月31日に購入したものの、やけにしんどいと思って家に帰ってきて熱を計ったら38.7度という高熱に侵されていることが分かって、ずっと寝込んでました。

というわけで、ゲキカワデビル4巻を購入しました。相変わらず、この漫画の表紙はどれも可愛くて男の(というよりおっさんの)自分には買いづらいです。

らいむに「チンクシャでチンチクリンな女」と言われて「チンチンうるさい!!」というマイ。チンチクリンは聞くけど、チンクシャってなんだと思ったら、「鼻が低く、くしゃくしゃとした感じの顔。また、そのような顔の人。」という意味らしい。
参考:狆くしゃ(チンクシャ)とは - コトバンク
狆(チン)って何だ? と思ったら、そういう小さい犬種があるらしい。知らなかった。
参考:狆 - Wikipedia
ちなみに、「チンチクリン」は「背の低い人をあざけっていう語」という意味があるらしい。
参考:ちんちくりん(チンチクリン)とは - コトバンク

なお、今回はファーストキスの場面がある。ファーストキスが水着(露出度高い)って、なんだかすごいエロい気がするのだけど、そう思うのは自分が男だからだろうか。
ただ、この場面、キスをする直前まで全くキスになるような場面と思わず、ちょっとビックリした。「ごめんな」と言ってすぐにキスって。キスしたら許されると思ってそう(とはいっても、あれはどちらも悪くないと思うけど)。

にしても、誕生日プレゼント一つ考えるだけで面倒くさいなと思った。タオルやハンカチは"別れ"を意味するからダメで、グラスやマグカップは"割れる"からダメで、ペンダントやベルトや時計は"束縛"系だからダメなんだとか。結局本人に聞いて「思い出」がほしいとなったという。
で、その「思い出」作り一つで行った『世界の果ての、まんが家です。』は、確かに面白くなさそう。『舞台は日本の果て、北海道の札幌。私はここで漫画を描いている』みたいな話なのだろうか。でも、見てみたくなる気持ちは分かる。

なお、今回の終わり方をみるに、カイは転校することになりそう。誕生日プレゼントも思い出作りだったし。離れる理由らしき伏線はなかったように思うけど、母親が海外で働くことになったとかかな。

なお、『ゲキカワデビル』の登場人物の名前は悪魔の名前からとってきているよう。悪魔の名前なんて全く知らなかったから全然分からなかった。
参考:悪魔の一覧 - Wikipedia
『ジミマイ』なんて名前の悪魔がいるのか。
『ロキ』という名前の悪魔は一覧にいなかったけど、調べたら悪戯好きの『ロキ』という名前の神がいるらしい。
ロキ - Wikipedia
うまいこと、思いつくもんだなぁ。

2017年9月30日土曜日

『ゲキカワ✕デビル』の3巻を購入しました

ゲキカワ デビル 3 (ちゃおコミックス)
やぶうち 優
小学館 (2017-09-29)
売り上げランキング: 50,193

相変わらず、新刊が発売された時にしか更新しないブログとなってしまいました。

前回の投稿で、学年があがるのかどうか気になってたけど、普通にあがって中学2年生になった。3巻終了時点では中学2年生の8月。最終回はどの時期まですすむのだろうか。やっぱり、中学卒業かな?(やぶうち優先生のことだから、最終回は数年後なんてことはありそうだけど)。そうなると、6巻ぐらいで終了しそうだけど、どうなるんだろうか。

なお、そうそうに主人公二人が両思いになった。昔の少女漫画は両思いになるまでの話だったイメージがあるけど、最近は途中で両思いが発覚することが多いような気がする。両思いになったということはそろそろ終わりなのかなと思ったら、なんだかんだで両思いになってからのほうが長くなってたり(君に届けはいったいどう終わらせる気なのかと)。

恋の話といえば、マイのことが好きなロキは案外早々に退場。もう登場しないような去り方だったように思う(同じクラスだからそれはないと思うのだけど)。逆に今度は、カイのコトを好きな女の子が登場。これからの展開はわからないけど、無理にカイのことを好きにさせる必要あるんだろうか。ただたんにマイのオシャレライバル的存在でいいような気もするのだけど(カイがその女の子のことを好きになる展開にはなりえないだろうし)。まあでも、なんやかんやあってロキのことを好きになるなんて展開になったら面白いかもしれない(ありがちだけど)。

今回登場したフリマアプリの「iissho(いいっしょ)」ってどういう意味なんだろうと思ったけど、北海道弁で、「いいでしょう、いいだろう」とでてきた。まあ、そういわれてみればそうだろうなとは思うけど、北海道弁ということはやっぱりそこからとったのかもしれない(別の地方の方言だったら、別の意味があると思ったと思う)。

それにしても、相変わらず表紙のマイがかわいすぎませんか。平静を装って本屋で買ったけど、はたして30近いおっさんがこんなかわいい女の子の絵の表紙のコミックを買うことを、この本屋の女性店員はどう思ってるのだろうと一瞬考えてしまった。

2017年4月2日日曜日

『ゲキカワ✕デビル』の2巻を購入しました

ゲキカワ デビル 2 (ちゃおコミックス)
やぶうち 優
小学館 (2017-03-31)
売り上げランキング: 18,329

2巻発売したとのことて買ってきた。

帯には『ちゃおで人気No1のオシャレまんが』とのこと。これは、現在ちゃおで連載している漫画の中で人気No1ということなのだろうか。それとも、歴代のちゃおで連載していたオシャレまんだの中で人気No1ということだろうか。それとも、現在ちゃおで連載しているオシャレまんがの中で人気No1ということだろうか。

嬉しかったのが、ちゃお3月号についていた、『やぶうち優先生 伝説のヒミツ』が載っていたこと。

正直、これが載っていることで買おうかどうしようか迷ったぐらいなので、本当によかった。おなじくちゃお3月号に掲載された、『世界の果ての、真ん中で。』と『ゲキカワデビル』のコラボ漫画も収録。こんなに速くコミックスに収録されるとは思ってなかったのでうれしい。

と、まあそれはともかく、今回は昔のマイを知っている転校生(ロキ)が登場。転校生が登場するのは予告で知ってたけど、てっきり今のマンションに転校する前の幼名馴染みかと思ったら、前の小学校から転校したカイとも知り合いの転校生だった。ジミマイというあだ名の名付け人だそう。
どうも、その転校生の父親はそこそこ人気のファッションブランド店の社長だそう(ただし、安いけどかわいいのがないと不評)。そこで、マイはファッションコーディネーターになる展開になるっぽい。中学生が働くってそれって法律違反じゃ……、と思ったけど、それなら漫画家は中学生でいいのかという話だし、実はそのへんの法律はよく分かってない。会社に所属するのではなく、フリーなら大丈夫なのかも(漫画の設定にいちいち考え過ぎだけど)。


それはそうと、前巻では意識してなかったけど、この漫画って掲載誌と同じように季節がどんどんすすんでいっていく。この調子だと、次巻では年度またぐのだけど、学年はあがるのだろうか。それとも、中1のままなのだろうか。あまりやぶうち優先生の作品って、年が変わらないまま年度をまたぐイメージはないのだけど。まあ、『世界の果ての、真ん中で』はある意味、季節がいろいろ変わってたったか。後、『おちゃらかほい!』の最終話は、「ギャグ漫画だから学年が変わらないので3年生も卒業しない」みたいな終わり方だったような。

それはそうと、掲載誌にあわせて話がすすむということもあって、今回の話の最後はバレンタインの話。実は意外と、というのもへんだけど、やぶうち優先生の漫画ってそんなにバレンタインの話がない。確か、少女少年シリーズもないしょのつぼみシリーズもバレンタインの話はなかったはず。多分、掲載誌が学年誌ということもあって、バレンタインの時期は物語の佳境を迎えなきゃいけないことから、バレンタインなんてイベント回をやってる場合ではないからだと思う(といっても、同じく掲載誌が学年誌の『EVE★少女のたまご★』にはバレンタイン回があったけど)。
『ドーリィ♪カノン』にも、番外編ではバレンタインの話はあったけど、本編ではなかったしね(そもそも、本編はバレンタインになるまでに奏四は海外に行ってしまった)。
そういえば、『水色時代』にはバレンタイン回があったっけ。チョコが先生に没収されてたような。そういえば、『水色時代』も掲載誌と同じように季節がすすんでたけど、あれは学年があがってたような。
後、思いつくのは『おちゃらかほい!』とか。探せば他にもあると思うけど。

後、主人公が見た映画かわからないけど、映画館に『俺の名は。』という映画の宣伝。自分の名前も分からない、記憶喪失物っぽい(元ネタの『君の名は。』もある意味、記憶をなくす話だから、記憶喪失ものだけど)。