2020年11月15日日曜日

【更新情報】サイドストーリーに『本当の自分』を追加しました

 桃園ユリ編~本当の自分~

自分が初めて訪れた少女少年のファンサイトには、好きなキャラの投票ページというコンテンツがありました。確か、2003年ごと、VかVIが連載されていた時期だと思うんですが、確かのぞみがダントツで人気でした。

中には不人気キャラというのもいたのですが、その中で特に不人気だったのが、IIIの桃園ユリ。中には、いわゆるアンチっぽい人もいました(当時はアンチなんて言葉を知りませんでしたが)。

自分も特別好きなキャラというわけではなかったんですが、何でそこまで不人気なのかよく分からなかったんですよね。家を飛び出してわがままだ、みたいなことが書かれてあったと思うんですが、そりゃあ仲のいいと思ってた友だちの女の子が男としったらショックだろうと。

ただ、先日、少女少年を読み返して思ったんですが、確かにユリって、面倒なキャラだなと思いました。柚季と付かず離れずいて、最近の言葉でいうと、キョロ充っぽい感じなんだろうかと思ったりしました。しかも、すぐに感情的になるしね。緊張したら他人から見てわかるほど震えるし、案外すぐ怒るし、最悪、泣き喚くし。

そもそも、ユリって少女少年の中で、唯一主人公が男と知って嫌悪感を抱くキャラなんですよね。IIのトキオみたいにドン引きしたり、IVの藍沙やVIの浅間みたいにショックを受けるキャラはいるんですけど、嫌悪感とはちょっと違う。IIの絵梨なんて、もっと嫌悪感抱いていいだろうと思うんですけどね。目の前で着替えたことがあるし、自分の水着を着たこともあるんだぞと。ユリ以外はみんな案外、あっさり納得している印象です。

今回、それならと思って最初は本編時系列のユリ視点の話を自分の解釈で書いていったんですけど、ほとんど本編をなぞってるだけでつまらなくなってしまいました。一応、最初に学校の友だち(つまり、オリキャラ)と遊ぶ約束したけど、オーディションの日と重なってしまってなかなか断れずにいる話とか、友だちと口喧嘩して自分の家が落ち着くと思ったら、ガーリッシュの3人で暮らすことを伝えられるとかそういう話も書いたんですけどね。後半部分のその後の話に全く活かせてないので、ばっさり削りました(一部は回想という形に変更)。なので、最初は倍以上の文字量がありました。

というわけで、今回書いた小説は、柚季がガーリッシュを脱退して、1年半が経過した後の話です(なぜ1年半かというと、同時期にma-daが活動していることにしたかったから)。どこにも残ってないんですが、確か自分が初めて書いた少女少年の小説って、新メンバーが男の子という話なんですよね。どんな話だったか自分でも覚えてないんですが、今回は、新メンバーは決まらず、ずっと二人で活動しているという設定で書いてます。

ただ、読み返してみると、ほとんどユリの独白ですすんでいるためか、どうにも他のキャラを活かし切れてないなという印象。後、もう少し、緩急を付けれなかったものかとも思う。頭の中で考えてる時は面白い話を思いついたと思うんですけどね…。

2020年10月11日日曜日

【更新情報】サイドストーリーに『0と1の間』を追加しました

毛利零那編~0と1の間~前編|yuuの少女少年FANページ
十河太一編~0と1の間~後編|yuuの少女少年FANページ

先日、『一人少女少年読書会』を読んだ後に思いついた話。本編掲載時期から中学入学以後についての話です。

少女少年VII-CHIAKI-って、個人的にどうもモヤモヤする終わり方なんですよね。実は、太一が幼い時に見たミュージカルの女の子は百花だったかもしれないうえに、どうも太一と零那と百花は同じ中学になるようだ。ということは、すぐに太一が昔見た子は百花だと分かるのも時間の問題だけど、そうなったらどうなるんだと。最初読んだときは、零那と百花がギスギスするイメージしかなかったのですが、それは嫌だなと思って、どういう展開だったら自分の中で納得できるかなと考えて書きました。なので、一番書きたかったのは中学入学以後の話なんですが、ラジオにハガキを送ったときの零那の気持ちや、ミュージカルのオーディションの話も思いついたのでついでにいれたら、無駄に長くなってしまいました…。

解釈は人それぞれでしょうし、もちろん、やぶうち優先生の考えとも異なるだろうと思うので、一人のファンの解釈と思って読んでもらえたらと思います。

なお、タイトルに深い意味はありません。調べてみるとAKB48のアルバムに同名のものがあるようですが、全く関係ありません。零那と太一の話なので、0と1をいれたいなと思って考えた末、そういえばバンプオブチキンのカルマという曲に『0と1の間』という歌詞があったなと思ってそうしました(これも勘違いで、正確にはカルマの歌詞は『1と0の間』みたいですが、前編を零那の話にしたかったので、『0と1の間』に)。

話のなかででてくる、『ペンタゴン娘』の元ネタは『ペンギン娘』というアニメです。2008年にニコニコ動画上でアニメが配信されていました。どういう内容だったかいまいち覚えてないのですが、下ネタが多いアニメだったというのは覚えてます。なぜ、このアニメをもとにしたかというと、中学生が声優として参加していた作品で思いつくのがペンギン娘だからです。日高里菜という中学生の子が参加してたのですが、当時、こんな下ネタばっかりのアニメに女子中学生を参加させてるのかと驚きました(同じ理由で『君の名は。』のエンドロールで、四葉の声が当時小学6年生の谷花音だと知って驚きました。あんな「おっぱい」連呼したり、三葉の口噛み酒を売ろうとしていた子が…)。

ところで、最初に書いたように、今回の話は「太一が、初恋の女の子は百花だと気づいたら」という話になっています。それはずっと自分が、少女少年VIIを見て、「昔見た子は百花だったんだろうな」と思っていたからです。ですが、今回この小説を書いているときに、「やっぱりあれは零那だったんじゃないかな」とふと思いました。というのも、自分はミュージカルに詳しくないので、小説を書くにあたってダブルキャストの実例について調べてみたのですが、すごいよく似てるんですよね。同じ役なんだからそりゃ似せてるだろうとは思うのですが、ということは百花がイメージにあってるけど、演技がうまいのは零那だから零那を百花に似せて演じたということも考えられるわけです。

そう考えるとすると、太一が百花の名前を知って「名前が違う気がする」と思ったのも、瞬が零那について調べて百花似の女の子の写真がでてきたのも納得がいくんですよね。そう考えるとそうとしか思えなくなって、いっそのこと今回の小説のオチも、初恋の女の子は百花じゃなくて零那だったということにしようかとも思ったのですが、そうなると百花が不憫だしな…と思ってやめました(ただし、確実に百花だったといえる根拠も書いてません)。

まあ、このへんも解釈の違いです。ミュージカルに詳しい人は最初からそう思ってる人もいるかもしれないし、自分みたいに百花だったと思ってる人もいるかもしれないですし。よくよく考えると、前作のVI-NOZOMI-が似た顔の男女が変装する話なのだから、それを踏まえると零那が百花に似せてたと考える人もいるかもしれないですね。

解釈の違いといえば、初めて読んだときにラストは中学式の日の登校途中で、零那は太一と一緒の中学に通うことになった、という解釈をしていたのですが、これもそういうことが書いてあるわけではないんですよね…。むしろ、「部活、結局なに入るか決めた?」という瞬の言葉は、入学してしばらくたってからの発言のように思える。零那が太一と同じ中学に通うということも書いておらず、零那の制服は別の中学校の可能性だってある(せめて、百花の制服姿があれば同じかどうかわかったのだけど)。実際、太一の家と零那の家は離れてるので同じ中学に通うことになるのも不自然。むしろ、零那の「さがしたんだよ」という言葉からして、思い当たる中学校をいろいろ探していた可能性もある。登校中だと思ってたけど、よくよく読み返すと登校中と分かる描写はなく、帰宅途中だという可能性もある。

そのへん、今回書いた小説では、いろいろ解釈して補いました。ちょっと無理があるかもしれませんが…。

ところで、二次創作小説を書くにあたって、キャラクター同士の呼称を気にすると思います。今回調べていてふと思ったのが、瞬が千明にたいして「万丈!」と呼びかけた後に、千明は「京極くん」と呼ぶのに対して瞬が、「瞬でいーよ」と言って「瞬」と呼ぶようにしているようなんですよね。その後の、瞬から千明への呼称は「万丈」なのか「千明」なのか、ちょっと気になりました。その後の瞬は、「おまえ」呼びですが(太一にたいしても「おまえ」呼びが多い)。

2020年9月22日火曜日

『一人少女少年読書会』を行いました

この4連休、学年誌掲載の少女少年1~7までを読んでTwitterで感想をつぶやいていました。

それぞれのTwitterスレッドのURLを下記に載せておきます

少女少年I -MIZUKI-
https://twitter.com/yuugirlboy/status/1307107201132175362

少女少年II -KAZUKI-
https://twitter.com/yuugirlboy/status/1307191404657926144

少女少年III -YUZUKI-
https://twitter.com/yuugirlboy/status/1307295762930216960

少女少年IV -TSUGUMI-
https://twitter.com/yuugirlboy/status/1307543665330417664

少女少年V -MINORI-
https://twitter.com/yuugirlboy/status/1307824462214045697

少女少年VI -NOZOMI-
https://twitter.com/yuugirlboy/status/1307917306215899136

少女少年VII -CHIAKI-
https://twitter.com/yuugirlboy/status/1308187850576338944

想定よりかなり時間をかけてしまいました。1冊3時間程度かなと思ったら、中には6時間程度かけてしまった巻もあります。正直、疲れた……。こんなんだから仕事の見積もりもうまくいかない……。

よくよく思い返すと、昔から感想を述べるというのは苦手です。遠足の作文や読書感想文なんてものは、なかなか書けない子でした。というわけで、感想というより実際にはツッコミやただの疑問点をつぶやいてるだけのところも多いです。

そういうわけで、何か書きたいけど思いつかないで五分ぐらい止まってしまうこともありましたし、いいかげんなこと書きたくないといろいろ調べながらやってたせいです。それでも間違ってる箇所もあるかもしれませんが、ご了承ください。

というわけで4連休ほぼ丸々、少女少年を読むのに費やしてしまったわけですが、案外充実した4日間だったように思います。だいたい休日は今まで見たことない本の読書をしたりアマゾンプライムで配信されてる映画をみたりすることが多いんですが、好きな漫画の振り返りもたまには悪くないなと。改めて読み返すと色々、発見もありました。それぞれ個性がでてるよなとか、逆に細かいところで共通点があるよなとか。

今回初めて知ったのが、TwitterではスクリーンショットがそのままCtrl+Vで貼り付けることができるということ。そのおかげで、画像の掲載がはかどりました。著作権的にグレーな部分も多いので2巻以降は少し控えましたが…(多いか少ないかは関係ないですが…)。ちなみに豆知識として一つ。最近のWindows10だと、Windowsキー+Shift+Sキーの同時押しで矩形選択によるスクリーンショットができます。

ちなみに、途中からシリーズのナンバリングについて、ローマ数字のI、II、IIIという表現から、1巻、2巻、3巻という表現に変えてます。途中で書き方変えようか迷ったのですが、IVとかVIとかなんだかそれ自体が英語の略称みたいだなと思えて。今時、アルファベット文字を並べずに、記号でⅣ(IV)やⅥ(VI)としてもだいたい表示はされるとは思うんですけどね(一応、機種依存文字なので避けました)。

さて、時間があったら『GO!GO!ICHIGO』もと思ったのですが、どれぐらいかかってしまうかわからなかったので、今回はやめておきました。またやる気がでれば、やろうと思います。一応言っておくと、ドリカノは今のところやるつもりないです。

2020年9月17日木曜日

一人『少女少年』読書会を行います(2020/9/19 9:00~)

2020年9月19日(土)から四連休ですね。9月の連休はシルバーウィークとも呼ばれていますが、コロナ禍でどこにも行けない中、前々からやってみたいと思ったことをやりたいと思います。
名付けて、「一人『少女少年』読書会」。
「一人」で「読書会」という矛盾したタイトルですが、2020年9月19日(土) 午前9時より『少女少年-MIZUKI-』を読んで、読みながらTwitterでつぶやきます。
実際に読む書籍は、hontoの電子書籍です(多分、Kindleも同じ版です)。
https://honto.jp/ebook/pd-set_27417447.html

普通なら1冊1時間もかからないで読み終わりますが、読みながらつぶやくので、もっと時間はかかると思っています。1冊3時間はかかるのではないかなと思っています。
四連休のうちに少なくともVIIのCHIAKIまでは読み終えるつもりです。時間に余裕があったら、GO!GO!ICHIGOまで読みます。

なぜこのような企画をしようかというと、少女少年のファンサイト(ファンページ)を運営しているくせに、ここ数年(もしかしたら10年ぐらい)、ドリカノより前の少女少年シリーズをちゃんと読んでなかったからです。
少女少年と出会って20年以上(正確には21年半)が経過し、今改めて読んでみるとどう感じるのか、正直な気持ちを書いていきたいと思います。


2020年9月7日月曜日

『そらいろメモリアル』の1巻を購入しました

そらいろメモリアル (1) (ちゃおコミックス)
やぶうち 優(著)
小学館 (2020-09-01T00:00:01Z)

¥484


やぶうち優先生の最新作、『そらいろメモリアル』を読みました。
少女漫画といえば、だいたい恋愛ものが多いけど、この作品はそういった描写がない友情もの。やぶうち優先生の漫画では恋愛描写がない作品は珍しいような。メインの登場人物にイケメンの男の子キャラはいるので、今後どうなるかは分からないけど、男のほうが主人公に惚れることはあっても、逆はないような気がする。
内容としては、死神の男の子(といっても人を死に追いやるわけではなく、死んだ生命の魂を回収するだけらしい)が突然現れて、仲のいい友達が1年後に知ることになるという話。
いわゆる余命ものともいえるけど、よくある余命ものが亡くなる方が自分がもうすぐ死ぬと分かってるのにたいし、この作品は分かってないので、それが分かるのかどうか。もしかしたら、すでに自分は余命一年と分かってるのかもしれないし。
こうやって書くとじゃあ、1年後に友だちを死なせないように行動する話かと思いきや、どうもそういうわけではないらしい。後1年、どうやって悔いのない人生を歩んでいくかというのが焦点になる話なのかなと思った。
ただし、この話では友だちのために何かをしているという話はなし。卒業式が簡易式になった卒業生のために家に行って歌って回ったり、今日死ぬ犬を散歩に連れて行ったり。友達のためというより、誰かのために二人で思い出作りをしていくという話になっていくのかな。
うまくいけば名作になりそうな感じだけど、ちゃお読者の反応はどうなんだろうか。自分は好きだけど、重いテーマは苦手な人もいるだろうし。個人的にはやぶうち優先生が満足できるぐらい長く続いてほしいところ(もちろん、だからといってダラダラと続いてほしいわけではない)。

過去のやぶうち優先生の作品でいうと、『ないしょのつぼみ』っぽい感じ。と思ったら、やぶうち優先生自身がそう書いてた。

初潮の話とか、やぶうち優先生らしいなと思った。SF(すこし・ふしぎ)な話だし。

ところでこのコミックスを読んでちょっと驚いたのが、どこにもやぶうち優先生のコメントがないこと。大抵、特に1巻では、あとがきか、表紙カバーの内側にでも何か書いてあることが多かったと思うのだけど、何もなし。連載前のキャラ設定画というのもあったけど、普段ならどういうところにこだわったかというコメントがありそうなもんだけどそういうのもなし。今までと心構えが違うのかな。テーマが死を扱うだけあって、デリケートだしね。
後、次回予告も、やぶうち優先生の他の作品の宣伝ページもなかった。さすがにシリーズものと分かっている1巻で次回予告がないというのは今まで無かったような……。

3話のインフルエンザでもうすぐで卒業の6年生が学級閉鎖になるという話は、新型コロナウイルスで休校になったニュースを見て思いついたのだろうか。3話ということは、5月号(4月発売)だけど、話の内容を変えるにはギリギリすぎるタイミングだし、微妙なところ。
と思ったけど、下記のツイートをやぶうち優先生がリツイートしてるようなので、やっぱり意識したのかな。


それにしても、死神というと悪いイメージがあるけど、この漫画にでてくる死神はかなりいい奴。魂を回収する上で、現世への未練を残さないようにするのも仕事ということなのだろうか。
それにしても、たとえ未練なく死ぬことができるとしても、小学生が死ぬ話と考えると悲しい話にならざるをえないのだろうなと思う。

そういえば、今回のキャラクター名は何か縛りはあるのだろうか。主人公の名前が余目蒼月(あまるめ・そら)、死神の名前が佐倉偲(さくら・しのぶ)、友だちの名前が有森紅葉(ありもり・いろは)、同級生の男の子が玄(げん)、偲の同級生の死神の女の子が文(ふみ)だそうだけど、共通点があるのかは分からなかった(しいていうなら、色に関係する名前が多そう? 「そら」の漢字を「蒼月」としてるぐらいだし)。

とにかく、1巻を読んだ時点ではすごいよかったので、続きも気になるところ。話の内容が内容だけに、打ち切りなんかで終わらないでほしいと思う

2020年5月15日金曜日

『ゲキカワ×デビル』の9巻を購入しました


新型コロナウイルスの影響で、普段行く本屋が平日の昼間にしか開いていないようなのでネットで注文したら、配送が新型コロナウイルスの影響で2週間も遅れました。早く収まってくれ!

ところで先日、ゲキカワデビル7巻のアマゾンレビューを見ていたら、冷静に考えればというレビューを見つけたんですよ。自分はやぶうち優先生以外の漫画はあまり読まないのでよく知らないのですが、よくよく考えればカイの死亡フラグはたっていたということです。人が出来すぎてる黒髪のメインサブの男キャラは、ほぼ必ず死んでしまうのであるとのこと(ただし、5巻と6巻の感想では号泣したとも書かれている。創作物で初めて号泣第2部のはじまり)。
なるほど、そういうもんなのかー。と思っていたら最後に一言。

おいおい2019年9月号でカイ生存説が浮上し始めたぞ?

「おいおい、そんなまさか」と思って今作を読んでみると生きてました。葬式やったけど、遺体が見つかったわけではなかったのか。

そりゃあ、飛行機が墜落して生きている乗客がいる可能性はそりゃあるだろうと思う。そのショックで記憶喪失になるのも分かる。けどやっぱり、ご都合主義だなと思わずにはいられなかった。シベリアの湖で発見されたとのことだけど、事故が起きた時は確か冬だよね。とか、考えてしまう。というより、飛行機はどういう墜落の仕方をしたのかと。シートベルトをする余裕もなく落ちたということ? 仮にそうだったとして、どういうふうに飛行機から投げ出されたんだ? 投げ出されたとしても墜落現場の近くだったはずでしょ? なんで村人は飛行機の乗客だと思わなかったんだ?

というように自分は考えてしまう人間です。こういうモヤモヤをかかえてしまうと、どうにもその続きが楽しめなくなっちゃいます(ちなみに、「君の名は。」を見た時も、「何で3年ずれてるって気づかないの? そもそも、映画の初めに大人の三葉でてきたよね? 死んだってどういうこと? つまり今から生き返らせるということ? 何で最初にネタバレするの?」と考えてしまって後半あまり楽しめませんでした)。

ともかく、どうせ「実は生きてた」というようにしたいなら、もう少し現実的な死なせ方(?)にしてほしかったなと。よくあるのは、実は死んだのは別人だったとか(死んだ人がもっていた持ち物で判断したから間違えたとか。他には、指紋が一致したとか…と思ったけど、それはコナンの赤井秀一ぐらいのトリックを使わないと無理か)。

ところで記憶喪失でも飛行機恐怖症ではあるようだけど、シベリアからフランスまでは飛行機を使わなかったのだろうか。日本に帰るときも。

そして、またまた最終回は〇年後で終わるパターンでした。ドリカノもそうだったので、2作連続ですね(ドリカノは最終回の初っ端から数年後という違いはあるけど)。
関連リンク:やぶうち優先生の最終話が○年後という展開の漫画まとめ | yuuの少女少年FANブログ

それより母親! 母親が何の回収もできてない。登場したとき、絶対もっと掘り下げて、和解するまでやるのかと思ったのだけど。それなのに、まるで、「今までずっと確執なんてなかったですよ」って感じで最後にちょっと登場してきた。もちろん、いきなり8年飛んでいるのでその間に仲良くなる展開があったのだろうけど、そこは見たかったなと思う。
というより、さすがにそこはもともと描くつもりだったんじゃないかと思うのだけど、描けなかった理由があるのだろうか。帯には「ちゃお人気No.1おしゃれまんが」とあるけど、そこまで人気なかったのかな。そもそも、同時に連載してるおしゃれ漫画があったのかと(過去には、『極上!!めちゃモテ委員長』があったけど、それより人気というわけではないと思う)。

話は変わって、次の作品の『そらいろメモリアル』は友だちが死ぬ話だそうです。1話だけボイスコミックがYouTubeで公開されてるので見てみました。

よくよく考えたら、ある意味2作連続で死を扱うことになるんですね(ゲキカワデビルは生きてたけど)。今までやぶうち優先生の作品で人の死を扱うってあまりなかったような気がするけど、何かきっかけがあったのだろうか。

ところで、髪にハチマキを巻き込むって、無茶苦茶面倒くさそうだなと思った。

2019年12月30日月曜日

『ゲキカワ✕デビル』の8巻を購入しました

ゲキカワ デビル (8) (ちゃおコミックス)
やぶうち 優
小学館 (2019-12-26)
売り上げランキング: 35,373

連載のほうはすでに最終回になったらしい『ゲキカワデビル』の最新刊。

前回、母親が登場して、今回は母親と因縁の対決みたいにでもなるのかと思ったら、全く出てこなかった。次巻が最終巻だけど、どういうふうに関わってくるのか。さすがに再登場しないということはないと思うのだけど。

今回はファッションだけでなく、太らない食べ方についても紹介してあって、こういう知識は男の自分としても為になった。スープ・前菜→タンパク質→炭水化物の順で食べるといいらしい。ただ、自分はどうしても複数のものを少しずつ食べようとしてしまう、貧乏性なところがあるのでなかなか実践できなさそう。

「白」でもいろいろあるという話については、いまいち伝わりずらいのでカラーで解説してほしかった。人によって似あう白が違うらしい。最近、白Tが流行ってるし、シンプルでいいと思うので、自分もうまく着こなせるようになりたい。